蒲田駅 ほんだ歯科医院の診療内容

【診療科目】
歯科・小児歯科

【診療内容】
予防歯科・訪問歯科・審美歯科・義歯・歯周病 

 

◆予防歯科

歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数ヶ月に1回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。

【スウェーデン】
リコール率90% 70代の平均残存歯22本
【日本】
リコール率  2%   70代の平均残存歯  7本

お子様には虫歯予防として、シーラントやフッ素塗布を行っております。

6歳頃生え始める永久歯の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいです。そこで、シーラントというフッ素を徐放する樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。

また定期的なフッ素塗布(3ヶ月に1回程度)も、虫歯の予防に有効です。

 

◆審美歯科

審美歯科とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常歯科で行っている治療に『美しさ』という視点をプラスした歯科治療です。

当院では、永年の使用にも変色せず、より自然な色合いを保つジルコニアやセラミックス等の取扱いがございます。

近年導入した、奥歯のジルコニア『DIVA』のシステムは日本人の歯の色に近似した3色限定ですが、従来のジルコニアの約1/3である1本38000円(税込)と言う低価格を実現し、奥歯をできるだけお金をかけずに白くしたい方、金属アレルギーでお悩みの方、歯ぎしりでセラミックスが割れてしまう方(ジルコニアはセラミックよりも強度が高い)などに好評です。

 

◆義歯(入れ歯)

保険適用の義歯をはじめ、バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)、金属床義歯など幅広く取り扱っております。
長年高齢者歯科にかかわってきた経験から、入れ歯の治療には定評があります。

他院で作製された義歯の調整もいたします。

 

◆歯周病

歯周病は30歳以上の日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときにはすでに歯周病が大きく進行していることが多いのです。症状が進行すれば、抜歯をしなければならないこともあり、早期の治療と予防が大切です。

<歯周病の自覚症状>
●歯ぐきから血が出る ●口臭 ●口の中がネバネバする ●歯ぐきが腫れる ●歯ぐきが下がった ●歯がグラグラする

 

 

d.jpg